サプリで気軽に摂れる乳酸菌【毎日の腸内環境をサポート】

青空と男女

気をつけたい糖尿病

サプリメント

血糖の状態を知る

ヘモグロビンa1cは、糖尿病の検査指標として使われ、基準値を超えると糖尿病が疑われます。ヘモグロビンa1cは、日々の食事で細かく変化する血糖値と異なり、変動の少ない値として過去1〜2ヶ月の平均的な血糖の値をみることができます。赤血球には寿命があり、日々体内で作られては壊されています。約4ヶ月で寿命となるため、ヘモグロビンa1cは赤血球の寿命の半分くらいにあたる、1〜2ヶ月前の血糖値の平均を反映しているのです。人は食べ物を摂ると消化吸収され、血中にブドウ糖が増加します。血中の糖が増えすぎて高血糖状態が続くと、血液中の余分なブドウ糖は体内のヘモグロビンと結合して、ヘモグロビンa1cになります。つまりヘモグロビンa1cの値が高いということは、血糖値が高いということになります。

血糖値を下げる

ヘモグロビンa1cの値によって、検査日の1〜2ヶ月前の血糖の状態を推定できます。空腹時血糖の値なども鑑みて糖尿病が疑われる場合には、ただちに生活改善や治療が必要になります。自覚症状がないからといって、放置すると取り返しのつかない重度の糖尿病患者になることも珍しくありません。糖尿病の恐ろしさは、合併症状を引き起こすことにあります。全身をめぐる血液がかかわる病気なので、消化器官や心臓、肺など、他の臓器への影響は避けられません。人工透析が必要になったり、目が見えなくなったりと、糖尿病以外の重い病気をかかえることになってしまうことが多いです。食事に気をつけて規則正しい生活や運動を心がけることによって、糖尿病を予防したり、症状を改善することも可能です。ヘモグロビンa1cの数値を下げるために、日頃から血糖値をコントロールするサプリメントを引用するのも良いでしょう。DHAやEPAといったオメガ3脂肪酸といった成分は血糖値を下げるとして注目を集めている成分なので、そのサプリメントを試してみるのも良いです。それ以外にも、ヘモグロビンa1cの数値を下げるために役立つ成分は多数あるので、相性のよいサプリメントを探してみることが大切です。