サプリで気軽に摂れる乳酸菌【毎日の腸内環境をサポート】

青空と男女

女性の冷えを理解しよう

足

冷えの原因

人の体温は一日のうちで、0.2〜0.4度くらい上下しますが、適温は36.7度とされています。しかし、女性は男性よりも体感温度が低いです。その為、冷え症で悩んでいる女性の方は多くいます。その一番の理由は、体の中で熱を生み出す筋肉量の差です。女性は男性に比べて筋肉量が少ないので、体温が低い人が多いです。また過度なダイエットをしている方も多く、そうしているとエレルギー源が不足して体温が下がり、ますます冷え症になりやすいです。さらに、年をとると冷え症になりやすくなります。その原因は、筋肉量が減るからです。特別何もしなければ、30歳を過ぎると年に1%の筋肉が減ると言われてます。また、脂肪がついて太るのも冷え症の原因です。脂肪は体内で断熱材の役割をするため、体に熱が行き渡らなくなるのです。ストレスも冷えの原因です。ストレスは交感神経を刺激し、血管を収縮させて冷えを加速させます。

冷えの対策と予防

自分が冷え症であるかどうか、まず確認しましょう。起きた時に、脇とお腹を触ってみて、お腹が冷たければ冷えています。冷えていなければ、布団の中では脇とお腹の体温は同じはずです。自覚はなくても、冷えてしまえば体や肌にダメージを与えるので、できる限り温めるケアをするよう心掛けましょう。では、どのように体を効率よく温めるのか紹介します。まず太い血管が集まっている所を重点的に温めましょう。首、手首、足首など、「首」の付くところには太い血管が体の表面を通っています。温めると、そこを通った血液が体中に循環するため、効率的に体を温めることができます。また、お尻やお腹など、筋肉量が多く血管が集まっている所を温めるのもオススメです。飲食物に関しては、人肌以上の温度のものをとるのがオススメです。体を冷やすナスやトマトなどの夏野菜はなるべく避けるようにしましょう。食べる際は火を通しましょう。服装も薄いものを重ね着するのがコツです。これにより、汗が蒸発する時に体の熱が奪われるのを防ぐことができます。お腹周りは特に冷えやすくなるので、腹筋をするなどして筋肉をつけることを心掛けるようにしましょう。